株式会社東京共同トレード・コンプライアンス(以下「当社」といいます。)は、日本の通商の発展に貢献するために、貿易と関税及びEPA/FTAに関する総合的なサービスを提供する企業として、お客様からお預かりする情報資産及び経営資源としての情報資産について厳正に取り扱うことを、社会的責任の一つと考えています。そのため、当社は、これらの情報資産をあらゆる脅威から保護し、適切な安全管理をすることを目的に、次の通り情報セキュリティ方針を定め、実施、推進します。

1.情報セキュリティ管理体制

当社は、情報セキュリティに関するマネジメントシステムを確立し、情報セキュリティの維持・向上に取り組みます。

2.法令・規範の遵守

当社は、情報セキュリティに関する法令、規則、ガイドライン、契約上の義務、および社会的規範を遵守します。

3.情報資産の保護

当社は、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確保するために情報資産が持つリスクに応じた適切な情報セキュリティ管理策を計画・実施し、情報資産を適切に保護します。

4.情報セキュリティ教育の実施

当社は、役員、従業員等が情報セキュリティの重要性を十分に認識し、情報資産の適正な利用・管理を行うために必要な教育・訓練を実施します。

5.セキュリティ事件・事故の対応

当社は、情報セキュリティ上の問題が発生した場合は、原因究明、対策を迅速に実施し、被害を最小限にとどめると共に、再発防止に努めます。

6.継続的改善

当社は、本方針及び関連する諸規程や経営環境、社会情勢の変化に対応するため、定期的に情報セキュリティに関する管理体制および対策実施状況を評価し、情報セキュリティの継続的な改善に努めます。

株式会社東京共同トレード・コンプライアンス
代表取締役社長
内山 隆太郎

制定:2021年8月1日