2022年1月よりRCEPが発効され、中国・韓国に向けた輸出においてもEPAによる関税の削減が適用できるようになりました。EPA相談デスクではRCEPの利用が初めてのEPA利用となる方に向けて、「EPAを活用することがコスト削減に直結すること」「EPAにおける原産品の考え方」「RCEP活用に向けての流れ」を皆さまにご理解いただくためにセミナーを開催いたします。


本ワークショップでは、まずRCEPの原産地規則についてを経済産業省 通商政策局 経済連携課の方よりご説明いただき、続いて実際のRCEPの原産地規則の活用方法をEPA相談デスクよりご案内いたします。

日時2022年3月9日(水)14時00分~16時00分
場所オンライン開催 (ライブ配信)
Zoomにてライブ配信
プログラム第一部:RCEPの原産地規則について
第二部:初心者向けRCEP活用講座
    1.EPAの概要
    2.活用までの5ステップ
     STEP1 HSコードの確認
     STEP2 税率の確認
     STEP3 日本で生産していることの確認
     STEP4 品目別原産地規則の確認
     STEP5 根拠書類の作成
    3.応用編
講師経済産業省 通商政策局 経済連携課 ご担当者様
東京共同会計事務所・EPA相談デスク相談員 後藤 真
東京共同会計事務所・EPA相談デスク相談員 清水 洋志
主催・共催経済産業省委託事業 EPA相談デスク
参加費無料
定員100名(先着順)
※1社あたり5名様までのお申し込みとさせていただいております

詳細のご確認及びお申し込みはEPA相談デスクのホームページよりお願いいたします。